稲垣吾郎が案内人、世界初「ウォルト・ディズニー・アーカイブス コンサート」開催決定

ウォルト・ディズニー・アーカイブス コンサート委員会(幹事:株式会社ADKマーケティング・ソリューションズ)は、世界で初めてディズニーの生みの親である、ウォルト・ディズニーの夢の実現と軌跡をコンサートにした新たなエンタテインメントを2020年1月から東京、兵庫、名古屋で開催。

ウォルト・ディズニーは1966年、65歳で亡くなるまで、世界最高峰のエンタテインメントを数々発表するとともに、ディズニーリゾートを創立など、彼のクリエイションは現在も決して色あせることはなく、むしろ最先端のエンタテインメントとして時代をリードし続けています。

彼はたった1本のペン、たった1匹のねずみから、夢を描き、多くの逆境を乗り越えて、感動のエンタテインメントを創造してきました。本コンサートは、従来のディズニーファンのみならず、働く大人が、ウォルト・ディズニーという人物が夢を実現していった道のりを知り、その苦労や挑戦に共感できる構成となっています。

本公演はウォルト・ディズニー・アーカイブス(米国)設立50周年を記念して初開催。「ウォルト・ディズニー・アーカイブス コンサート」では、このウォルト・ディズニーアーカイブス全面協力のもと、世界初公開も含む貴重な資料と様々な作品のディズニー音楽により構成。さらにこのコンサートには、観客をナビゲートする案内人として稲垣吾郎が出演いたします。

本日8月20日に行われた開催発表会見には稲垣のほか、音楽監修・ピアノ演奏を務める島健さん、演出の金谷かほりさんが登場。
稲垣は「ディズニーランドに初めて遊びに行ったとき、お客様の幸せそうな笑顔を見て、僕もこういったエンタテインメントを作っていくことができたら、と影響を受けました」とコメント。映画の『美女と野獣』を観た際には「躍動感が衝撃的。こんなすばらしい作品があるんだと感動しました」と語るなど、「人生にディズニーは欠かせません」と楽しそうに語りました。

また、ウォルト・ディズニーの言葉「すべては夢みることから始まる」という言葉が大好きだという稲垣。「僕もこの言葉を大切にみなさんに伝えて行ければと思います」と意気込みを見せ、「このコンサートを観た皆様に夢を実現させる希望を感じていただけるよう、案内人としてがんばっていきますので、会場でお待ちしています」とメッセージを送りました。

公演は2020年1月16日(木)舞浜アンフィシアターで開幕し、東京・兵庫・名古屋にて全8公演開催。一般チケットはイープラス、チケットぴあ、ローソンチケットで2019年10月19日(土)午前10時より発売いたします。
詳細は公式ホームページにてご確認ください。
https://www.disney.co.jp/eventlive/archives-concert.html

(公演概要)
日時:
【東京公演】2020年1月16日(木) 夜19時開演、17日(金) 昼14時/夜19時開演 
【兵庫公演】2020年1月21日(火) 夜19時開演、22日(水) 昼14時/夜19時開演
【名古屋公演】2020年1月28日(火) 昼14時/夜19時開演

会場:
【東京公演】舞浜アンフィシアター
【兵庫公演】兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール
【名古屋公演】愛知県芸術劇場大ホール

主催:ウォルト・ディズニー・アーカイブス コンサート委員会/キョードー東京
監修:The Walt Disney Archives
主管:Disney Concerts
制作協力:CULEN
企画制作:ADK/キョードーファクトリー/中京テレビ事業/イープラス

チケット価格:
全席指定
9,000円(税抜)
15,000円(税抜)※数量限定:本コンサートオリジナル非売品ボールペン付(CROSS社製)

年齢制限:未就学児はご入場はできません。

チケット販売:一般発売2019年10月19日(土)10:00~

公演時間:約2時間(休憩20分含む)

先行予約受付はこちら