NAKAMAの皆様へのご報告

この度、日本財団様より、「ななにー基金」に参加をしていただいた新しい地図・NAKAMAの皆様に感謝状を頂戴いたしました。
皆様のご協力ご寄付に改めて御礼を申し上げます。

引き続き、あたたかいご支援・ご協力をお待ちしております。

以下、日本財団様よりいただきました文章をご報告申し上げます。
======================
皆様からご寄付いただきました「ななにー基金」、11月末現在で35,374,579円になりました。ありがとうございます。

この寄付金は、公益財団法人 日本財団の令和元年豪雨・台風被害に関わる災害復興支援活動に活用させていただきます。

<支援内容詳細>
1. ボランティア団体、NPOが行う支援活動への助成
現地のニーズに対応するボランティア団体、NPO等への活動資金を迅速に助成する。

2. 企業・学生ボランティアの派遣
日本財団のネットワークを活用し、企業や学生のボランティアを被災地へ送る。

3. 要配慮者などへの支援
必要な支援が行き届いているか、被災地域の避難状況を自治体等と連携して実施する。そのうえで、災害により困難な状況を強いられやすい乳幼児・高齢者・妊婦・障害者・外国人などの特別なケアが必要な要配慮者を支援する。併せて、孤立しがちな在宅避難者への支援、対応も行う。

この3点を踏まえ、
・日本財団ボランティアサポートセンター 
 ボラサポ約100名によるボランティア活動におけるボラバス等の支援
・日本財団被災地支援センター
 -長野県 3箇所 長野市 穂保地区、津野地区、赤沼地区
  高齢者農家のサポート支援拠点等
・日本財団復興DIY支援センター拠点支援
  ボランティア並びに住民による共助による復旧・復興のための資機材・車両等の貸出し及び使い方のサポート拠点等への支援
 -宮城県丸森町、栃木県栃木市、栃木県宇都宮市、茨城県水戸市
など、みなさんからの寄付金で支援活動をしてまいります。

去12月15日に早速「ななにー基金」での支援活動を行いました。
https://www.facebook.com/NipponZaidan/
詳しい内容は、日本財団公式サイト
https://www.nippon-foundation.or.jp/what/projects/activity/2019typhoon19/2019(現地レポート)でもご紹介しています。

まだまだ支援が必要です、ひきつづき皆様のご寄付・ご協力をお願いいたします。

以上
======================