「ウォルト・ディズニー・アーカイブス コンサート」ワールド・プレミアプレス向けセレモニーに稲垣吾郎が登壇

ウォルト・ディズニーが創り上げた貴重な映像・資料を保有するウォルト・ディズニー・アーカイブスの全面協力により、約1世紀にわたる世界初公開も含むコレクションと様々な作品のディズニー音楽でお届けする、「ウォルト・ディズニー・アーカイブス コンサート」。

ウォルト・ディズニー・アーカイブス設立50周年記念として開催される本公演がいよいよ1月16日、舞浜アンフィシアター(東京ディズニーリゾート内)で開幕しました。すでに東京全公演のチケットが完売となっており、初日初演の1月16日に満員御礼を記念して、ワールドプレミアプレス向けセレモニーが開催されました。

セレモニーには案内人(ナビゲーター)の稲垣吾郎が登壇。ウォルト・ディズニー・アーカイブスからディレクター、ベッキー・クライン様がスペシャルゲストとしてアメリカから来日され、稲垣に「本日ディズニーの素晴らしい音楽をお届けできることをとても喜んでいます」と述べるとともに、ウォルト・ディズニー・アーカイブス所有、1930年代のテレビ番組「ミッキーマウスクラブ」テーマソング「ミニーズユーフー」の貴重な楽譜が、ベッキーから稲垣に記念品としてサプライズで贈呈されました。
この曲は、ウォルト・ディズニーが自ら作詞し、「ミッキーマウスのテーマソング」として公認。当時、番組のファンクラブ組織「ミッキーマウスクラブ」の子どもたちが映画館等に集まって歌った実際の楽譜となっています。

稲垣は「ありがとうございます、とても光栄です」と感謝を述べるとともに、「ウォルト・ディズニーさんは、当時の人々だけではなくて、未来を生きる我々にもエンターテインメントを伝えてくれようとしていたということを感じました。亡くなっても夢は終わることなくみなさんによって永遠に語り継がれている、今日は僕もその1人になれて本当に光栄なことだと思いますし、お客様と楽しんで、夢のようなひとときを過ごしたいと思います」と述べました。

公演は、17日同会場にて2公演(完売)、21・22日兵庫にて3公演、28日名古屋にて2公演が行われます。
兵庫、名古屋公演のチケットはイープラスにて好評発売中です。

公演の詳細はこちらをご覧ください。

・ウォルト・ディズニー・アーカイブス設立50周年記念ウォルト・ディズニー・アーカイブス コンサートとは
約1世紀にわたるディズニーの貴重な資料を所蔵するウォルト・ディズニー・アーカイブスの全面協力のもと、案内人(ナビゲーター)に稲垣吾郎、音楽監督・ピアノ演奏に島健さんを迎え、ウォルトの描いた夢の数々を、初公開を含む映像、資料とともに贈る世界初のコンサート