「週刊文春WOMAN」2020夏号で稲垣、草彅、香取の3人がコロナ禍について語る。 香取慎吾はコロナ後に祈りを込めた表紙画を制作

6月22日発売の「週刊文春WOMAN」2020夏号に、稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾の3人がコロナ禍を語る企画が24ページにわたって掲載されます。また、香取の作品が表紙を飾ります。今回は“コロナ後に祈りを込めて描いた作品”です。

©Asami Enomoto

稲垣吾郎は、連載「談話室稲垣 Goro’s Salon」で今年デビュー20周年を迎える作家・伊坂幸太郎さんと対談。
仙台在住の伊坂さんの仕事場とオンラインで結び、コロナによって変化したお互いの仕事環境について、4月末に発売された伊坂さんの最新作『逆ソクラテス』の作品世界について、言葉を交わしました。

©Takuya Sugiyama

草彅剛は、トランスジェンダーの女性を演じる最新主演映画『ミッドナイトスワン』の内田英治監督と対談。
今秋に公開を予定している本作は、制作の最終段階でコロナ禍に直面しました。「映画と芝居とコロナ禍と」と題した対談では、これまであまり言葉にしてこなかった自身の演技論や、コロナ禍での劇場映画を取り囲む状況について、語り合っています。
ほかにも興味深い企画満載の充実した一冊となっています。

©Tetsuo Kashiwada

香取慎吾は、2018年12月の「週刊文春WOMAN」創刊以来、毎号、表紙画を描き下ろしてきました。
6作目となる今回の2020夏号では、4月上旬に編集部より「コロナ禍で不安な日々を過ごしている人々に、力を与えられるような絵を」と依頼。
5月末の緊急事態宣言解除当日、香取は描き終えた表紙画を文藝春秋本社に持ってきたそう。インタビューでは、自身も精神的につらい日々を過ごす中、「前向きな絵を描くことが大変だったこと」「そんな中、星野源さんの『うちで踊ろう』動画への参加で精神的に助けられたこと」などを率直に語っています。

■「週刊文春WOMAN」
2018年12月29日に『週刊文春』の女性版として創刊。創刊1周年を迎えた2019年12月より、年4回(3月、6月、9月、12月)発行の季刊誌に。

■掲載誌情報
雑誌名:「週刊文春WOMAN」2020夏号
発売日:2020年6月22日
発売元:株式会社文藝春秋
https://bunshun.jp/list/magazine/shukan-bunshun-woman