「ななにー」「インテリゴロウ」に映画監督・阪本順治さんが登場。稲垣・香取とも親交の深い監督の裏側に迫ります | 新しい地図
2022.06.03
新しい地図

「ななにー」「インテリゴロウ」に映画監督・阪本順治さんが登場。稲垣・香取とも親交の深い監督の裏側に迫ります

いよいよ6月5日(日)午後3時からの生放送が近づいてきました、稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾3人によるレギュラー番組『7.2新しい別の窓#51』。
今回の放送では、人気コーナー「インテリゴロウ」に、映画監督・阪本順治さんをお招きします。監督デビュー作、『どついたるねん』にてブルーリボン賞作品賞を受賞すると、2000年公開の『顔』にて、日本アカデミー賞最優秀監督賞ほか優秀作品賞、優秀脚本賞などを受賞。その後も、『亡国のイージス』や『北のカナリアたち』など、日本映画史に残る作品を多数輩出しています。2010年公開の『座頭市 THE LAST』では香取を、2019年公開の『半世界』では稲垣を主演にした作品をそれぞれ手掛け、2人がともに大変親交深く尊敬する監督です。今回久々の対面を果たした稲垣が、6月3日(金)より公開された、阪本監督待望の最新作『冬薔薇(ふゆそうび)』について深堀りしながら、同氏の素顔を紐解いていきます。
伊藤さんを主演に抜擢した理由や、脚本を書くにあたり意識した点は一体何なのか、キャスティングについて触れながら本作の本質に近づいていきます。また、作品をつくるうえで、人間には欠かせない“とある行為”を描くことも多いという阪本監督ですが、どんな意図をもって、どんなシーンを撮っているのか、作品づくりの極意にも迫ります。

対談終了後、久々の再会に「変わってないなと思って、それが嬉しかった」と話した阪本監督。対談自体は今回が初めてとのことで、「会ってない期間は2年以上あったが、(「インテリゴロウ」のセットに)着席したとたん、会えなかった時間が全部埋まったというか…会ってない時間はどこか行ってしまって距離感を感じなかった」と再会を喜び、「やっぱり一緒にモノをつくった仲間だなと思いました」と稲垣について改めて語りました。『半世界』にとどまらず親交の深い2人による映画トークは必見です。

■レギュラー番組『7.2 新しい別の窓』 番組概要
#51放送日時:2022年6月5日(日)午後3時~夜10時12分
レギュラー放送日時:毎月第1日曜日 午後3時~生放送 
放送チャンネル:ABEMA SPECIAL2
出演:稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾 ほか
放送URL:https://abema.tv/channels/special-plus/slots/DxkXC1c6zJPynF

ORICON NEWSでもご覧いただけます。
URL:https://www.oricon.co.jp/news/2237211/full/

CONTENTS