香取慎吾、香港の中環に初のストリート・アート作品を完成 ―国外初の香取慎吾のパブリックアート作品に―

3月27日(火)、香港政府観光局の依頼で香取慎吾が香港島中環(以下セントラル)に、初のストリート・アート作品を完成させたことを発表、お披露目のセレモ二―が開催されました。

3月は、「香港アートマンス」として、香港では、アート・イベントが多く開催されています。
そんな中、香取の作品は、世界一長いエスカレーターとしても知られるミッドレベルエスカレーターの側面、Shalley Street(些利街/シェリーストリート)に描かれました。
香取が香港をイメージして、モチーフに選んだのは龍。

今回のプロジェクトは、2017年に「おじゃMAP!!」の撮影で香取がOTCエリアの様々なストリート・アートを訪問したことをきっかけに、香港政府観光局が作品の制作を依頼し、実現。作品制作は、3月24日~27日、深夜から早朝にかけて行われました。

<香取慎吾コメント>
初めて香港で映画を撮影した20年前から香港では広東語で「大口仔(大きなお口の男の子)」というニックネームで呼ばれています。
20年後に龍になって香港に戻ってきた、という意味を込めてこの絵をかきました。

作品名:「大きなお口の龍の子(大口龍仔)」
場所:香港島セントラル ミッドレベルエスカレータ脇の壁、Hollywood Road(荷李活道)とShalley Street(些利街)の交差する付近

香港政府観光局では、本作品を中心としたOTCエリアのアートの魅力を、香港政府観光局公式サイトやソーシャルメディア、ショートビデオで紹介し、「#香港慎吾アート」「#hkshingoart」というハッシュタグで、世界から訪れるファンや旅行者にSNSでの写真投稿をよびかける予定です。