香取慎吾初の個展はパリ・ルーヴル美術館で! 日本文化・芸術の祭典「ジャポニスム2018:響きあう魂」の公式企画に決定 “ジャポニスム2018広報大使”にも任命

このたび香取慎吾が日仏友好160年を記念した日本文化・芸術の祭典「ジャポニスム2018:響きあう魂」(以下「ジャポニスム2018」)の「公式企画」として、パリ・ルーヴル美術館【シャルル5世ホール】において初の個展となる展覧会を開催する事が決定いたしました。

国際交流基金が事務局を務める「ジャポニスム2018」の「公式企画」では、伊藤若冲展や歌舞伎を始め世界から注目される現代美術、映画、舞台までどれも世界的に注目される多様な日本文化が紹介されますが、香取の展覧会もその一つとして実施されることになります。
香取慎吾自身にとっては人生初の個展となる展覧会をルーヴル美術館で行うことになり、同時に、香取の作品展示が日仏の文化交流において新たな歴史の1ページを刻むこととなります。

また、「ジャポニスム2018」全体の広報大使に任命されることも決定。今後は、日本・フランスの両国で様々な広報活動を展開していきます。(開催期間 2018年7月~2019年2月)
「ジャポニスム2018」は、日仏両政府の協力により、これまでにない質・規模の事業を、ルーヴル美術館はじめ、パリ内外の100近くの会場にて約8ヶ月間にわたって実施。縄文文化から伊藤若冲、琳派、そして最新のメディア・アート、アニメ、マンガまで、さらには歌舞伎から現代演劇や初音ミクまで、日本文化の多様性に富んだ魅力を紹介します。同時に、食や祭りなど日本人の日常生活に根差した文化をテーマにした交流イベントも開催。今後この日仏両国が力を入れるこの一大事業を盛り上げていくため、香取がどのような広報活動を行うのかも随時発表していく予定です。

今回、香取慎吾の展覧会が公式企画とされ、広報大使に任命されたことについて、国際交流基金の安藤裕康理事長は「香取慎吾さんは歌手、俳優といった活動にとどまらず、アーティストとして壁画、オブジェ、絵画、さらには自身のSNSなど幅広いメディアを通じ常に表現活動を続け、その姿はあらゆる世代から大きな反響を受けています。その活動ぶり、発信力の強さは日本文化・芸術の祭典である「ジャポニスム2018」の広報大使にまさにふさわしいものであり、また、多様な日本文化の魅力を紹介する「ジャポニスム2018」の公式企画として香取さんの展覧会を実施することとなりました。香取さんのなにものにもとらわれない自由な作風、突破力を伴う作品をフランスの皆様にお楽しみいただくとともに、香取さんの広報大使としてのご活躍を期待しています」と語っています。

現在、香取は作品の準備に取り掛かっており、既存の作品からも念入りに選定を行っていく予定。
また、若手アーティストたちと香取がアートで繋がるアートギャラリー「NAKAMA de ART」も開催中で創作活動を続けています。
「ジャポニスム2018」公式企画への参加、広報大使という重責を担い、ルーヴル美術館という世界のだれもが認めるアートの聖地において展示を行うことについてこう語っています。

■「ジャポニスム2018公式企画」として実施される展覧会について
「アートにゴールはないと思い続け、描き続けているぼくですが、目指すゴールと言ってもおかしくないルーヴル美術館でスタートできることに、ぼくのアート脳が爆発しています。たくさんの人にぼくを感じてもらいたいです」

■広報大使に決定したことについて  
「ぼくの大好きなフランスと日本の“響きあう魂”をパリで世界中の方々に体感してもらえたらうれしいです!」

展示内容は、香取自身がそうであるように既成の枠にとらわれずあらゆる枠組みを超えていくものとなります。
「アートを題材にしてNAKAMAとつながりたい」というコンセプトのもと、絵画、オブジェだけでなく香取の好きなファッション、そして「新しい建築」とのコラボレーションをご紹介いたします。
パリだけでなく世界中から集まるあらゆる思想、趣向をもつ方々を楽しませることになるはずです。

【ジャポニスム2018 公式企画 香取慎吾 ルーヴル美術館 展覧会概要】
展示内容:「アートを題材にしてNAKAMAとつながりたい」というコンセプトのもと、絵画、オブジェだけでなく、香取の好きなファッション、そして「新しい建築」とのコラボレーションをご紹介いたします。
タイトル:NAKAMA des ARTS
展示期間:2018年9月19日(水)~ 10月3日(水)
展示場所:ルーヴル美術館:カルーゼル デュ ルーヴル シャルル5世ホール(入場無料)
主催:株式会社モボ・モガ 共催:国際交流基金
後援:木下グループ

協力:ルーヴル美術館

■「ジャポニスム2018:響きあう魂」とは
【開催概要】
日仏友好160年の2018年、両国政府間合意に基づき、芸術の都フランス・パリを中心に、大規模な日本文化・芸術の祭典「ジャポニスム2018:響きあう魂」を開催します。パリ内外の100近くの会場を舞台に、約8か月間に亘り、美術展、舞台公演、映画、その他食や工芸など日本人の日常 生活により密着した文化まで含め、さまざまな日本の芸術と文化を、古典から現代まで幅広く紹介します。会期を通じ、50余りの公式企画の実施を計画中。東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を前に、日本文化の多様な魅力をパリに、またパリを通して世界に向けて伝えます。

【背景】
「ジャポニスム 2018:響きあう魂」は、2016年5月に安倍総理大臣とフランスのオランド大統領(当時)の合意により、日本文化の素晴らしさを世界へ発信する取り組みとして、実施が決定しました。
世界的に文化大国として知られ、また以前から日本文化の最もよき理解者でもあるフランスでの開催に向け、日仏両国が共同で取り組んでいます。
会期:2018年7月~2019年2月
事務局:独立行政法人国際交流基金
公式ウェブサイト:https://japonismes.org/