NST新潟総合テレビ「NSTまつり2018」2020年までもう2年、まだ2年!盛り上げていきたい!

本日、9月29日(土)、新潟の万代シティ特設ステージにてNST新潟総合テレビの開局50周年を記念した「 NSTまつり2018」の一環として、「日本財団パラリンピックサポートセンターpresents稲垣吾郎・草彅剛・香取慎吾×パラアスリートスペシャルトーク」イベントが行われました。

会場には約2300人もの観客の皆さんが詰めかけ、3人とパラアスリートの皆さんとのトークに時に笑い、パラスポーツ体験に声援を送り、拍手を送り、観客と3人、パラアスリートの皆さんが一丸となってイベントを楽しんでいました。

今回のイベントの最大の目的は、パラスポーツの楽しさを伝えること。
今回、稲垣は車いすバスケットボールに挑戦。「アグレッシブ吾郎です!」と宣言、最後にはシュートを決め香取も「ぎりぎりセーフ!」と稲垣の健闘をねぎらっていました。
草彅はパラ・パワーリフティングに挑戦。「僕の目標は自分の体重をあげること」と語り自分の体重に近いという60キロのパワーリフティングに挑戦。必死の形相の草彅に、稲垣も思わず「顔、真っ赤!」と草彅に突っ込むほど。
ボッチャというパラリンピック特有の球技に挑戦した香取は「僕、本気で友達とボッチャ一式買おうと思ってるんです。一緒に遊んだらすごく楽しそう!」と語り、稲垣、草彅も「楽しいよね!」とボッチャを大絶賛。

さらに、プロ陸上競技選手、山本篤選手が登場。
「雨あがりのステップ」の歌詞にかけて「誰もが新しい道を行ける気がします」と挨拶、「2020年東京パラリンピックを目指します!」と宣言し会場中が温かい拍手で包まれました。 

最後にはパラスポーツ応援ソング「雨あがりのステップ」を3人が披露。
パラスポーツの選手たちの笑顔、3人の笑顔、そして観客の皆さんの笑顔が心に残るイベントとなりました。