稲垣吾郎「Pen CREATOR AWARDS 2018」受賞、表彰式に出席

本日、稲垣吾郎が、雑誌Pen(CCCメディアハウス)による「Pen CREATOR AWARDS 2018」を受賞いたしました。
同賞は世の中に新しい表現、新しい仕組みを生み出し、人々の心をときめかせたクリエイターを、Pen独自の基準でたたえる賞。
この度、稲垣が2018年を通して映画、舞台、ドラマといった様々なシーンで活躍を続けたことに対して賞が贈られました。 

また、同雑誌の今年の春夏ファッション特集号で稲垣が表紙を飾り「新しい紳士像」をテーマに撮影が行われた際、新しい一歩を踏み出した稲垣のたたずまいがPenの表現したい男性像にぴったり、読者の皆さんからの反響も大きく、多くの熱烈なファンレターが編集部に届いたことも受賞の契機となったそうです。

受賞について稲垣は「男性のバイブルのような雑誌の表紙を飾らせていただけて、今後は男性の方々からも応援していただけるようになりたいと思います。これからも僕らを応援してくださるNAKAMAの皆さんと地図を広げて高みを目指していきたいと思います。ありがとうございます」と2019年の抱負も語りました。
今年一番うれしかったことはという質問には「半世界」の試写を見た時のことと答え、「自分ではないようだった」と語りました。「半世界」そして先日発表された主演映画「ばるぼら」にも触れ、「1年に2本も映画、舞台にでられて毎日が刺激的です」と笑顔で答えました。