スペシャルゲスト稲垣吾郎が登場!三井不動産ウィルチェアーラグビー日本選手権<第20回記念大会>

12月16日(日)「三井不動産 ウィルチェアーラグビー日本選手権<第20回記念大会>」決勝戦が行われ、試合直前のスペシャルコンテンツゲストとして稲垣吾郎が登場しました。

日本選手権は一般社団法人日本ウィルチェアーラグビー連盟により12月14日(金)~16日(日)まで千葉ポートアリーナで開催され、全国から予選を勝ち抜いた8チームが、クラブチーム日本一をかけて競い合いました。
8月にオーストラリア・シドニーで開かれたGIO 2018 IWRF ウィルチェアーラグビー世界選手権で日本代表が初優勝を飾り、注目を集めているウィルチェアーラグビー。
16日(日)の大会最終日の会場には約2300人が来場しました。予選を勝ち上がった3位決定戦から始まり、途中、スペシャルコンテンツを挟んで決勝戦が繰り広げられました。Okinawa HurricanesとFreedomの対決で、Okinawa Hurricanesが優勝を手にしました。

スペシャルコンテンツにゲストとして登場した稲垣(日本財団パラリンピックサポートセンタースペシャルサポーター)。日本代表チームの若山英史(わかやまひでふみ)選手のレクチャーのもと競技用車いすの乗車体験を行い、さらにウィルチェアーラグビーの最大の特徴であるタックルを体験しました。
稲垣は実際に競技用車いすに乗車すると、一気に記者席の間近まで迫り会場を沸かせていました。

続いて真正面から北海道Big Dippers白川選手のタックルを受けた稲垣は「音!音!衝撃が見た目よりすごいんですよ!計り知れないですね。」と感想を述べ、レクチャーを行った若山選手は、「タックルの受け方が素晴らしかったです」とコメントすると、会場は大いに盛り上がりました。
続いて北海道Big Dippersの選手たちよる、パスやディフェンスといったデモンストレーションを交えたルールの説明が行われました。
稲垣は激しいタックルにより選手が転倒すると思わず選手のもとに駆け寄って声をかけるなど、ゲームを楽しみ、「迫力がすごい。目で追えて、ルールも分かりやすい。決勝戦楽しみましょう。」とコメントをする稲垣に、若山選手は「ルールや選手を知ると、もっと楽しめますよ。」と笑顔で答えていました。

閉会式・表彰式では各賞が発表され「ベストプレイヤー賞」は、BLITZ長谷川勇基(はせがわゆうき)選手、Freedom 松岡幸夫(まつおかゆきお)選手、RIZE CHIBA 今井友明(いまいともあき)選手、AXE 乗松隆由(のりまつたかゆき)選手、Freedom 壁谷知茂(かべたにともしげ)選手、BLITZ 田村学(たむらまなぶ)選手、BLITZ 島川慎一(しまかわしんいち)選手、 RIZE CHIBA山口徹朗(やまぐちてつろう)選手でした。
また、「Most Sporting Player」はFreedomの池透暢(いけゆきのぶ)選手、「MVP」はOkinawa Hurricanesのマット・ルイス選手、「三井不動産 新人賞」はTOHOKU STORMERSの橋本勝也(はしもとかつや)選手でした。

閉会式では、稲垣がプレゼンターを務め、「優勝」のOkinawa Hurricanesへはメダルとトロフィーが贈られました。「準優勝」のFreedom及び3位のBLITZへはメダルと、日本代表ヘッドコーチであるケビン・オアーよりトロフィーが贈られました。その後、続けてGIO 2018 IWRF ウィルチェアーラグビー世界選手権 報告会も行われ、見事優勝を果たした日本代表に大きな拍手が送られ、大会は締めくくられました。