2019年初夏公開決定!草彅剛主演『台風家族』

このたび、草彅剛主演の映画『台風家族』の公開が決定しました。
本作は、『箱入り息子の恋』の市井昌秀監督と、そのスタッフによる最新作。
昨年7月に、栃木県内の史上最高気温を記録した猛暑の中、佐野・藤岡エリアにて撮影が行われました。

市井監督が12年間の構想を経て、自身のオリジナル脚本によって映像化が実現したブラックユーモアあふれる、ある一家の真夏の1日の物語。
スタッフが口を揃えて「脚本が面白い!」と称賛する本作には、個性あふれる豪華キャストがその企画の確かな面白さに集結。
たった1日の中に“苦笑”と“共感”そして“衝撃の愛のラスト”がぎゅっと詰まった夏の期待作です。
一家の長男:鈴木小鉄役として主演を務める草彅はじめ、他9名のキャストも解禁。

次男に新井浩文さん、長女にMEGUMIさん、三男に中村倫也さん、そして、妻役に尾野真千子さん、小鉄の娘には甲田まひるさん。
長女の彼氏に若葉竜也さん、突然鈴木家にやってくる謎の女に長内映里香さん、
さらに、鈴木家の両親役に、榊原るみさん、藤竜也さんが出演します。

下記、草彅の本作に参加したコメントです。

とてつもなく暑い真夏の撮影でした。撮影の序盤、市井監督に「草彅さんの中に小鉄は十分居るから、作り出そうとしなくて良い」と言ってもらえて、それが難しくもあり、だけど新しい自分を引き出してくれたと思っています。改めて、市井監督、すこいなぁ、と。脚本を読んだときも、面白いと思ったんだけど、現場に入って実際に演じてみると本当に笑っちゃって。そんな現場の空気がとても良かったです。僕が演じた小鉄の役は、本当にダメダメな奴なんですけど。逆にそういうところが魅力的で、愛くるしく、むしろ愛すべき人物だな、と思えました。撮影を重ねていくうちに、自分では気づいていないんですけど、自然と「鈴木家」っていう、家族のリアルな感じが出来上がっていった気がします。
ラストカットの撮影は、なんかすごいジーンときちゃいましたね。映画を観てくれた人には、必ずあの真夏の暑さと、僕らの“パッション”がスクリーンの中から「ぶわ~ん」と伝わると思います!