「パラ駅伝 in TOKYO 2019」 “雨あがりの駅伝日和”の中、チームを超えて17500人が大声援!草彅、パラ駅伝ランナー初挑戦 真剣ダッシュで大会を盛り上げる!

3月24日(日)、“雨あがりの駅伝日和の中”、第4回となる「パラ駅伝 in TOKYO 2019」が行われ、昨年行われた第3回の動員数を超え17500名もの方々が応援に駆けつけてくださいました。

今回の第4回パラ駅伝には草彅剛も第4区走者として初参加。
全国16都道県 からの17チームに加え、猫ひろしさんを含むカンボジアチーム、さらに草彅、Fischer‘s-フィッシャーズ-の皆さん、稲村亜美さんによる「チーム i enjoy ! 」などのオープン参加チームを加え合計過去最多の20チームが参加、1チーム8区間9人の選手たちが互いに励まし合いながらゴールを目指しました。

駅伝のスタートでは、パラ駅伝サポーターをつとめるキャイ~ンそしてパラサポスペシャルサポーターの稲垣吾郎、香取慎吾が登場し「雨あがりのパラ駅伝日和の中、みんなで盛り上げていきましょう」と宣言。
第4区走者の草彅は「新しい地図とNAKAMAの皆さんの代表として、持てる力を出し切ってがんばります!」と力強く宣言。
同じ区間を走る猫ひろしさんについて触れ、「猫さんに食らいついていきます!」と語った通り有言実行、猫さんが出発した数分後に、猛ダッシュで草彅は出発!
1区間2.342㎞におよぶ駒沢オリンピック公園内のコースを走り、再び競技場内へ。
その辛そうな表情を見た香取が「まだいけるだろう!最初の勢いどうした!!」と檄を飛ばすと草彅はゴール目前にして再びスピードをアップ、同区間の他の選手とほぼ変わらない驚きのスピードでゴールしました。

走りきった草彅は「超気持ちいい!感動した!」と過去のアスリートたちの名文句を連発しながら「一人ではできなかったこと。皆さんの声援があったからこの距離でこのスピードが出ました」と応援してくださった皆さんに感謝を述べ興奮冷めやらぬ様子。
「来年も草彅さんにぜひお願いしたいですね」と稲垣は草彅に早速来年出場の依頼をしていました。

パラ駅伝はチーム対抗ながらも、会場にいる誰もが全チームの選手たちに声援を送り、その場にいるすべての人々が一体となってパラ駅伝を心から楽しんでいました。
表彰式、閉会式の後には稲垣、草彅、香取3人による、スペシャルライブが行われ「#SINGING」、「雨あがりのステップ」を披露。

特にパラスポーツ応援ソングである「雨あがりのステップ」についてはチャリティー販売期間中に約10万近い数のダウンロードがあり売り上げの全額がパラスポーツの支援のため寄付されたことを改めて3人から報告。
「まだまだ支援対象の大会が残っているので、これから支援の輪を広げていけたらと思います」と稲垣は呼びかけ草彅、香取ともに皆さんに感謝の思いを伝え、「皆さんの支援が大きなパワーになります。これからもパラスポーツを盛り上げましょう!」(香取)の声のもと、パラスポーツをさらに盛り上げていこうという気持ちのもとで競技場はさらに一つとなっていました。

今回のパラ駅伝では、ベリーグッド とちぎが優勝を果たし、大会三連覇を果たしました。
おめでとうございます!

駅伝距離:1区間(各区間共通 2.342km)×8区間 合計:18.736km